東京 国立の動物病院 元気で長生きしてもらえる動物医療を
中山動物病院
042-571-3938
ホーム アクセスマップ 診療時間 初診の方へ
高齢動物の飼主様へ(若い子の飼主様も見て下さい!)
  • 症例紹介
  • お知らせ
  • 病院理念
  • 初診の方へ
  • 高齢犬・猫の飼主様へ
  • フィラリア、ノミ・ダニ等
  • 外科
  • エキゾチックペットについて
  • 施設紹介
  • トリミング・ペットホテル等
  • よくある質問
  • 求人情報
  • アクセスマップ
  • リンク







  • ほとんどの動物たちは私たちより早く年をとります。
    それは悲しく残念なことではありますが、逆にその子の一生を見守ってあげられるという、 幸せな側面も持っていると言えます。
    さて、動物たちも年を取ると、人間同様色々な事が起こります。 それは足腰の衰えだったり、視力の低下だったり・・・。 でも実は、もしかしたらそれは避けられる事かも...ということなら、ぜひ避けたいものですよね。 ではどうやって避けられるでしょう? 私たちは予防医療に力を入れています。
    定期的な健診
    体重、心音、熱、おなか、眼、耳、口、足...診るところはたくさんあります。
    元気そうに見えても、実は体は変化しているかもしれないのです。 本人が不調を訴える頃には、もしかしたら病気は進行している可能性があります。
    診察される事に慣れるという意味でも、定期検診をしましょう。
    高齢になったら、少なくとも半年に一回は診察を受けましょう。
    定期的な健診
    血液検査・尿検査
    血液検査血液検査では、貧血、白血球、血糖値。
    尿検査は、色々な病気の早期発見につながることがあります。
    糖尿病、腎臓病、尿結石、ホルモンの病気...
    3か月に1回は行いましょう。
    年を取ったら、甲状腺ホルモンの病気にも注意が必要です。
    犬は、甲状腺機能低下症(人でいう橋本病)、猫では甲状腺機能亢進症(人でいうバセドウ病) が発生する事が少なくありません。
    犬での症状は、動きが後慢、太りやすい、よく皮膚病になる、脱毛、四股のふるえなどが見られる事があります。 「年をとったなあ」と思うような症状が多いので、わかりにくいかもしれません。
    猫での症状は、活発になり、よく食べ、よく飲水し、一見すると「年をとったのにとても元気」に感じます。 でも、進行するとやせて、毛並みが悪くなり、肝・腎・心臓に障害が出る可能性があります。
    ホルモン検査は、血液で出来ます。
    血液検査をご希望の方は、10時間以上の絶食状態でお連れ下さい。
    レントゲン
    レントゲンは影絵みたいなものです。
    わからない事もありますが、意外に情報量はあります。
    特に胸のレントゲンはおすすめです。
    半年〜1年に1回の検査をおすすめします。
    レントゲン
    超音波・CT
    超音波はレントゲンと同時の検査がおすすめです。CTは提携CTセンターにて、麻酔下で当院獣医立ち合いのもと行います。
    結果は、診察室の大型スクリーンでお見せしながらご説明致します。
    エコー(超音波)
    日頃のお世話・スキンシップ
    これは一番大事かもしれません。
    飼い主さん=家族の目とふれあいが、いつもと違う何かを発見できるのです。
    『年だから...』じゃないかもしれない事を見つけてあげましょう。
    日頃のお世話・スキンシップ
    尿検査
    3か月に1回は行いましょう。 尿検査
    このページの上部へ戻る
    〒186-0003 東京都国立市富士見台2-2-5 サンフォーレ国立102
    中山動物病院
    Copyright © Nakayama Animal Hospital