東京 国立の動物病院 元気で長生きしてもらえる動物医療を
中山動物病院
042-571-3938
ホーム アクセスマップ 診療時間 初診の方へ
施設紹介
  • 症例紹介
  • お知らせ
  • 病院理念
  • 初診の方へ
  • 高齢犬・猫の飼主様へ
  • フィラリア、ノミ・ダニ等
  • 外科
  • エキゾチックペットについて
  • 施設紹介
  • トリミング・ペットホテル等
  • よくある質問
  • 求人情報
  • アクセスマップ
  • リンク







  •  
      ※画像をクリックすると、拡大画像がご覧いただけます。
     
    • 受付・待合室
      受付・待合室

       

    • 第一診察室
      第一診察室

      診察台が体重計になっています。大きなモニターには超音波検査・CT検査・手術中の様子などが映し出さえれ、説明に一役買っています。顕微鏡は別のモニターに接続され、同 様に見られます。

    • 第二診察室
      第二診察室

      診察台が体重計になっています。

    • レントゲン撮影装置 TOSHIBA VPX-40 「DR ( Digital Radiography)」
      レントゲン撮影装置 TOSHIBA VPX-40 「DR ( Digital Radiography)」

      従来のようなフィルムカセットの入れ替えが必要ないため、スピーディーな撮影が可能で撮影線量も押さえる事ができます。

    • 超音波画像診断装置 GE社 LOGIC P6
      超音波画像診断装置 GE社 LOGIC P6

      妊娠診断から心臓疾患まで、さまざまな場面で活躍します。

    • 全自動血球計数器celltac α MEK-6358
      全自動血球計数器celltac α MEK-6358

      血液検査において赤血球・白血球・血小板などを測ります。

    • 生化学自動分析装置 FDC3500v
      生化学自動分析装置 FDC3500v

      血糖値・肝酵素・尿素窒素・タンパク・イオンさまざまな項目を測れます。

    • 顕微鏡
      顕微鏡

      血液検査・尿検査・便検査・耳垢検査・皮膚検査などで使います。

    • 遠心機
      遠心機

      血液検査・尿検査・腹水胸水検査など、多くの検査で使います。

    • 白血球分類装置
      白血球分類装置

      さまざまな種類の白血球がいくつあるか分類します。

    • 眼圧計 Reichert社 TONO-PEN AVIA
      眼圧計 Reichert社 TONO-PEN AVIA

       

    • 麻酔器・人工呼吸器
      麻酔器・人工呼吸器

      手術にはかかせません。

    • Arizant Healthcare Bair Hugger モデル750
      Arizant Healthcare Bair Hugger モデル750

      麻酔中の患者さんの体温調節にとても重宝しています。手術を行う場合、体温を低下させないことは患者さんの痛みや感染のリスクを軽減してくれるといわれています。Bair Huggerのおかげで、動物たちの術後の震えもほとんどありません。特に高齢の子や状態の悪い子には必須アイテムです。

    • 生体情報モニター
      生体情報モニター

      心拍数、体温、呼吸数、血圧、麻酔濃度、炭酸ガス分圧、酸素飽和度など麻酔中の体の状態を観察でき、異常が起こった場合素早く対応する事ができます。

    • 血圧計
      血圧計

      麻酔中はもちろん、診断の一助として使用します。

    • 電機メス ERBE社 ICC80
      電機メス ERBE社 ICC80

      手術で活躍します。

    • オサダ電動ドリル
      オサダ電動ドリル

      骨折手術に使用します。

    • CTセンター
      CTセンター

      このCT装置は、従来のCTに比べ撮影時間が大幅に短縮され、放射線の被ばく量を低減できるようになりました。また、最新のコンピューター解析装置により獣医師とご家族の皆様が、動物の異常(病気)を手に取るように把握することができます。⇒CTセンターホームページはこちら

    • オートクレーヴ
      オートクレーヴ

      さまざまな器具の減菌に使用します。

    • KARL STORZ硬性鏡システム
      KARL STORZ硬性鏡システム

      動物にかかる負担が少ない「腹腔鏡・膀胱鏡・鼻鏡・耳鏡手術」をするための設備です。

    • 内視鏡
      内視鏡

      動物の身体にメスを入れることなく、体内の検査や治療を行うことができます。

    • 血管シーリング装置
      血管シーリング装置

      組織同士を接着する事で糸を使わずに血管を止め、出血を防ぐための装置です。安全な止血、手術時間の短縮、糸により発生する疾患の予防などのメリットがあります。

    • スリットランプ
      スリットランプ

      眼の検査をするための機械です。

    • 空気清浄機
      空気清浄機

       

    • 入院舎
      入院舎

      入院中の動物たちは個室で過ごします。

    • スタッフの友達
      スタッフの友達

      マルメタピオカガエルと金魚

    このページの上部へ戻る
    〒186-0003 東京都国立市富士見台2-2-5 サンフォーレ国立102
    中山動物病院
    Copyright © Nakayama Animal Hospital